AGAの原因を知る

男性の薄毛の約9割がAGAだといわれています。AGAは男性型脱毛症の事を指し、若年層から中高年まで幅広い人が当てはまる症状です。そのため多くの人がAGAに当てはまる事にあります。しかし人それぞれ頭皮の環境や生活環境なども異なる為、一概に原因が同じ理由だとは言い切れません。特にAGAになる原因として3つの要因が考えられます。どの可能性が一番高いのか判断して的確な方法で治療を行いましょう。

まず一番可能性が高い方法としてあげられるのが、男性ホルモンの過剰分泌です。男性ホルモンには脱毛効果があるエストステロンが含まれています。そのエストステロンが頭皮に存在している5αリダクターゼという酵素と結合する事で、ジヒドロテストステロンへと変化します。このジヒドロテストステロンが脱毛因子を活発にさせてしまう為、薄毛になってしまいます。二つ目は、遺伝によるAGAです。両親や両祖父母に薄毛の人が多い場合、普通の人に比べると5αリダクターゼが多い為、ジヒドロテストステロンがたくさん生み出されてしまいます。三つ目は生活習慣によるAGAです。睡眠不足は髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌量が低下してしまいます。その他にも不規則な食生活、ストレスなどは、血流が悪くなり髪に必要な栄養素を送り届ける事ができなくなってしまいます。原因によって対象が異なる為、早めに症状を把握して正しい処置を行いましょう。

AGAのセルフチェック

男性の薄毛の約9割がAGAによるものと言われています。そのためAGAの特徴や仕組みを知っておくことで、初期の段階で適切な対策をとることができます。ただしAGAなのかどうかどう判断したらいいのか分からないという人もいるでしょう。そこで自分の頭皮が気になりだした人に、セルフチェックでAGAかどうか判断してみましょう。

まず自分で確認する方法としては抜け毛の状態を確認する事です。抜けた髪を見て細くてハリが無いと思えば、AGAの対策を取り入れた方が良いでしょう。またドライヤーなどで髪を乾かした時に、髪の毛が10本から20本近く抜ける人は注意が必要です。またセルフチェックの方法として、第三者から見た判断もとても需要です。ネットでは2択のどちらかを選ぶとAGAの確率が高いかどうか判断できます。現状が解る事でどのような判断をしたらいいのか明確になります。生活習慣を見直す必要がある人もいれば、専門の医師に相談した方が良い人まで、客観的に判断してもらうことができます。自分ではまだ大丈夫と思っていても、いざ必要に迫られなければ何かしらの対策をとらない人も多いです。そのため自己判断では無く第三者の意見を取り入れていくようにしましょう。早く意識する事が早期対策、早期改善につながります。

AGAは徐々に進行

AGAという言葉を目にすることはあってもどのようなものなのか分からない人もいるでしょう。今多くの男性が抱える問題の一つで容姿に大きな影響が出る為、深刻な問題としてとらえられています。AGAに関連する商品も沢山発売されるようになりましたが店頭では買いにくい人も多い為、ネット中心に商品が沢山販売されています。手にとって見る事も商品の事について聞く事ができないため、購入する事に対してためらいがある人もいるでしょう。しかしAGAの治療は早期に対応する事が一番の対策です。

なぜなら初めて髪の異変に気付いてから放置したままでいると、確実に薄毛は進行していきます。薄毛も人によって症状が異なりますが、前からM字型に禿げる人もいれば頭頂部から禿げてしまう人もいます。徐々に進行していきますが中にはM字型と頭頂部が同時に進行してしまう人もいます。同時に進行すると一気に外見に影響が出てしまいます。また対策をしても進行が早く思うような効果が得られない可能性も有ります。両方の症状がある人はなるべく早く専門の医療機関で診察を受け、原因を明確にして適した治療を受けることが大事です。病院で医師の処方箋でなければ、受けられない治療もあります。自分で効果があるのか判断するまでにはある程度の時間がかかり、適していない場合は進行も早めてしまいます。

AGAは早期対策

薄毛や禿げに悩む人がとても増えていますが、男性の薄毛の約9割がAGAによるものと言われています。AGAは男性型脱毛症といわれ、男性ホルモンの影響によっておこります。そのため男性ホルモンが多い男性に多い脱毛症と言われています。今までは薄毛というと男性の老化現象の象徴とされていました。しかし今では若い世代の男性型脱毛症がとても増えてきています。遺伝以外でも生活習慣、ストレスなどが原因でAGAが発症する事が解っているため、注意が必要です。

最近髪のハリやコシが無くなってきている、抜け毛が増えている、全体のボリュームが少ない気がすると感じている人は、男性型脱毛症の心配があります。まだ若いから大丈夫という安易な気持ちでは無く、気になったときからAGAの対策を始めるようにしましょう。早めに対策をしなければ人によっては急速に症状が進んでしまう場合があります。数年後には驚くほど髪の毛が後退してしまっている人もいます。特に進行が加速してしまい髪の毛が生えてこない状態になってしまうと、発毛から始める事になるのでなかなか効果が得られません。市販薬などでは難しく、医療機関で治療をする必要が出てきます。そうなる前に育毛段階で対策をとると、髪にコシやハリが出てきて元気な髪へと成長します。そのためにはなぜ薄毛になってしまったのがその原因が何か特定した上で適した対策をとるようにしましょう。効果がでるまでには数か月から一年近く掛かる為、間違った方法を選ばないように気を付けましょう。