AGAの原因を知る

男性の薄毛の約9割がAGAだといわれています。AGAは男性型脱毛症の事を指し、若年層から中高年まで幅広い人が当てはまる症状です。そのため多くの人がAGAに当てはまる事にあります。しかし人それぞれ頭皮の環境や生活環境なども異なる為、一概に原因が同じ理由だとは言い切れません。特にAGAになる原因として3つの要因が考えられます。どの可能性が一番高いのか判断して的確な方法で治療を行いましょう。

まず一番可能性が高い方法としてあげられるのが、男性ホルモンの過剰分泌です。男性ホルモンには脱毛効果があるエストステロンが含まれています。そのエストステロンが頭皮に存在している5αリダクターゼという酵素と結合する事で、ジヒドロテストステロンへと変化します。このジヒドロテストステロンが脱毛因子を活発にさせてしまう為、薄毛になってしまいます。二つ目は、遺伝によるAGAです。両親や両祖父母に薄毛の人が多い場合、普通の人に比べると5αリダクターゼが多い為、ジヒドロテストステロンがたくさん生み出されてしまいます。三つ目は生活習慣によるAGAです。睡眠不足は髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌量が低下してしまいます。その他にも不規則な食生活、ストレスなどは、血流が悪くなり髪に必要な栄養素を送り届ける事ができなくなってしまいます。原因によって対象が異なる為、早めに症状を把握して正しい処置を行いましょう。